phoenix-power上に移動するキーと下に移動するキーを設定します。

上のキーは簡単ですが、下のキーは割りと変更しています。今度は、peco使うことにしました。

~/.zshrc
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
# C-kで上のディレクトリ移動
function cdup_dir() {
  if [[ -z "$BUFFER" ]]; then
    echo
    cd ..
    ls -aF
    zle reset-prompt
  else
    zle self-insert 'k'
  fi
 }
zle -N cdup_dir
bindkey '^k' cdup_dir

# C-jで下のディレクトリ移動(peco)
function cddown_dir(){
com='zsh -c "ls -AF . | grep / "'
while [ $? = 0 ]
do
    cdir=`eval $com | peco`
    if [ $? = 0 ];then
        cd $cdir
        eval $com
    else
        break
    fi
done
zle reset-prompt
}
zle -N cddown_dir
bindkey '^j' cddown_dir

lsは、エイリアス設定してる場合も多いので、zsh -cを付けます。設定なしで実行です。