phoenix-power一応、なんとか聴ける?くらいにまでにしてみました。あくまで自分がですが。

想い feat. 初音ミク

タイトル

想い

作詞、作曲

ヒナドリP @syui__

ボーカル

初音ミク

BGM

d-elf.com by @d_elf

歌詞

ある日、目が覚め、何故かそこには、あの日が蘇る

たくさんの想いは、

たくさんの想いが、

たくさんの想いは、想いは、空に届くよ

イラスト

なぜ曲作りに取り組んでいるかというと、小説みたいなのローカルで書いてて、そこで使いたいと思ったからなのです。よって、こういうイラストもその一環で描いていて、その一部を適当に持ってきたという感じです…。(曲のために描いたものではない

気付いたこと

自然であることが一番重要

ボカロ曲を作ってみて、不自然さが一番ダメだなと思いました。

よって、不自然さを消し去るためには、容赦なく、必要、不要な部分関わらず、なるべく削っていくべきでしょう。

実際、私も削りまくりました。初心者なので、自然さを一番重視したわけですが、それでも不自然さがすごい。

BGMの音階からボーカルの音階を作る

BGMに自然に合わせるためには、BGMの音階からボーカルの音階を作るのが良いと思いました。

作者思考ができるようになる

曲を聴いている時、今まで意識していなかった点、具体的には、「ここのリズムを繰り返してるのか」、「切り替わった」、「ここの調整すごい」とかいうことを考えるようになりました。

これは、思わぬ副産物ですが、例えば、イラストでもプログラムでも同じことだと思います。

作ってみると初めて、不自然さを感じさせない凄さというものが分かってくるようになります。今までは、不自然な部分ばかりしか見えなかったものが、自然な部分が見えるようになってくるという感じでしょうか。

その他

作曲手順

作曲手順が何となく分かってきましたので、後日、詳細にまとめたいと思います。ちなみに、こちらに最近作ったページがあるので、そちらの方にボカロ専用として書くかもしれません。

ヒナドリP

名前、ヒナドリPにしました。検索してもヒットしなかったので、多分、使ってる人はいないと思います。(完全ではないですが

今度、ニコニコフォントでロゴでも作ってみようかな。

アップロード

私が今回作ったものは、ソフトウェアで言うと、バージョン 0.01 で、まだ表に出せるようなものではないです。他の曲との違和感がなくなってきたら、ニコニコとかYouTubeとかにもアップロードしてみようかなと考えています。