phoenix-power個人的な事情から、本を買ったほうが良いかもしれない。

個人的な事情

私は、ここ1年、エナジードリンクとかジュースとか割と毎日飲んでるようなきがするのですが、何か勿体無いし、健康にも悪そうなので、その分、漫画を買うことにしてはどうかと考えています。

例えば、エナジードリンクとかだと、1缶200円くらいするので、非常に大雑把な計算ですが、2日で新刊が買えてしまいます。

更に、お菓子とかも結構食べるのだけど、やっぱり、それも勿体無いし、健康にも良くないし、逆にストレス溜まりそうだしで、マイナス要素しか見当たらないのです。

したがって、その分、やっぱり、漫画とか、本を買ったほうが、プラスだろうと思いました。

なので、そんな感じで、今まで読んだことなかったコミックとかにも手を出しています。毎日の楽しみが、ジュースから本とかに変わるのって、結構良いことなんじゃないかなと思います。

コナン 85巻

★★☆☆☆

可もなく、不可もなくという感じで、いつも通り進みます。これは、前から買ってるコミックです。

ただし、今回は、黒の組織が絡んでいるので、その点では、面白かったです。

黒の組織、キッド、ラブコメが絡まないお話は、あまり面白くないので、読み飛ばしてしまいました。

ドラえもん+ 6巻

★☆☆☆☆

今回買ったプラスというのは、通常のコミックには載ってないお話が掲載されています。

ドラえもんを読み始めたのは、小学生くらいの頃だったと思います。みんなが読んでたコロコロコミックがつまらなさ過ぎて、私は、既に完結していたドラえもんのコミックを集め始めました。作者の方は既に亡くなってた感じだったと思うのだけど、正直どうでも良かった。で、漫画のほうは、凄く面白くて、映画とかもDVDで全部見ることになりました。

しかし、コミックの方は、今やそれほど面白いとは感じません。何となく惰性で読み続けている感じです。

ただし、アイディアは凄く面白いものがありますし、多視点です。

通常感じるであろう疑問についてちょっとだけ先回りしてるというかそんな感じのものがたくさん見受けられました。

例えば、イルカ船の話ですね。また、ドラえもんは、レトロな風景が、たまに、何かイイなーと感じることもあります。

ToLoveる ダークネス 12巻

★★★☆☆

ダークネスは、絵がすごいので、読んでいます。今までいろいろな漫画を見てきて、一番上手な絵だなと思っています。

私にとっては理想的な絵ということですね。私が現在理想としている絵は、2つあります。一つはダークネス。もう一つは4コマのNEW GAME!です。NEW GAMEの絵って、凄くはっきりしていて分かりやすいのですね。しかも、書きやすそう。つまり、様々なものを適切に簡易化している感じですね。

反対に、ダークネスは、曖昧な部分としっかりとした線を上手く使い分けている感じで、完璧な絵に近いという印象があります。

実は、ダークネスって結構曖昧な部分があると感じています。このような曖昧な部分というのは、割とごまかしに使える部分があると思うので、便利そうです。

お話のほうは…あまり良く分かりません。

SE 1-3巻

★★★★★

めちゃくちゃ面白かったです。一言で言うと、すごい。

何がすごいのかというと、様々な要素のレベルが高いところです。具体的には、ギャグ、エロ、カオス、シリアス、リアルなどの要素が、非常にバランスよく構成されています。

ヒロインの子は、女子高生、社長、ハッカー、変態、病気(マジ)、という要素を備えており、凄く個性的です。ここで、私は、男性的特徴と女性的特徴を入れ替えているなと感じており、それが凄く面白いのです。このヒロインって、一般的なオタク男子の要素を備えているわけですね。

ヒロインは、とにかく主人公をストーカーします。カメラで監視したり、部屋中に主人公の写真を貼り付けたり、ゴミ箱からなにか抜き取ったり。

それがゆる~くギャグを交えながら描かれているので、凄く面白い。美少女が男性的な変態的行動に走るのって、こんな面白いものなんだなと。

しかし、このような要素って、男子受けすごそうですが、逆だった場合はどうなんだろうと重いました。

例えば、美少年がぬいぐるみとか、服とか、アクセサリーとか、おままごと?とか、そういった行動に走るのって面白いものなんだろうか。これについては考えてみるつもりです。

いや、改めて考えてみると、技能に関しては、上記で合っているのですが、恋愛に関しては違いますね。狂った女子が取りそうな行動…見境なく抱きついたり、あなたとわたしどっちなのとか聞いてみたり、とにかくウザがられそうな行動をとるのが、女性的な変態行動っぽいので、そういうことを美少年とかにさせてみると、女子受け良さそうかもとか思ったり、色々と参考になります。

さらに、エロ要素がすごい。今までは、女性が恥ずかしいことになるっていう展開ばかりだったような気がするのですが、男性が恥ずかしいことになる展開を丁寧に描いています。これについては、よく見かけるテンプレートと比較すると、全てが反対になってるなあという印象を受けます。

また、リアル要素では、Git,Vimなどの単語が出てきて、現実に使われているツールなので、その辺りも面白かったりします。

この漫画って、ほんとうに色々な要素が凄くつめ込まれていて、ただ詰め込まれるだけでなく、めちゃくちゃ面白いので、バランス良いんだろうなと思います。

アニメ化とかあってもおかしくない気がします。

だんちがい 1-2巻

★★★★☆

1巻は、店になかったので、Kindleで購入。私は、Kindleで欲しいものが買えることって少なかったのですが、何故か買えました。大体、自分でスキャンすることになっています。基本的には、発売日と同時に出して欲しいと思うのですが、なかなか発売日に買えることが少ないのです。

普通に面白かったです。私は、ウヅキが好きです。しかし、サツキも面白いキャラなので、人気でそう。

この漫画、実は兄弟姉妹のお話で、割と現実味溢れており、主人公(ハルキ?)がちょっとかわいそうに思うこともあるのだけど、見てる分には面白いので良いです。

実は、女の姉妹がいる人はわかるかもしれませんが、そういう人の女への期待値ってのは、ガクンと下がるんだと思うのですね。反対に、一人っ子とかだと、そういうのはわからないので、すごい妄想をふくらませてしまう気がします。

したがって、ハルキの女性への期待値がガリガリ削られていきそうな状況を見てると、かわいそうだなって思ったりもします。

ですが、見てる分には、ウヅキとかサツキ、特にウヅキが可愛いですね。

逆に、家族に居る場合は、ウヅキが一番ウザそうなので、サツキのほうが良いかもとか思ったりしました(笑)

今後のサツキの妄想を期待しつつ、次巻を待ちたいと思います。サツキの妄想は、何かいい感じです。

エロマンガ先生 1巻

★★☆☆☆

タイトルとか設定は凄く面白いなっていうのを感じました。しかし、中身はイマイチ。

俺妹のキリノが少し消極的な性格になったものの、中身は変わらずといったような、ひきこもりの少女が出てきます。

その少女は、実は主人公が出している小説の表紙を担当したエロイラストを描いた人でしたという設定です。しかも、兄妹。

こういう設定って、ぱっと見、凄く面白そうって思うので、色々と参考になりそうです。

タイトルとかも、すごく引きつけられる。やっぱり、「美少女がエロい」というのがポイントなのかなって思いました。

このような要素は、上記で解説したSEでもありましたね。

しかし、中身はSEのほうが凄く濃いと思います。

その理由は、「美少女がエロかった」だけでなく、その内面を曝け出しているという所が大きいのかなと感じます。

エロマンガ先生は、その内面が徐々に明らかになっていくという構成を採用していると思われますが、やはり、SEのほうが、インパクトが大きすぎて、印象に強く残ったのと同時に、ヒロイン、可愛いなってなります。

ただ、エロマンガ先生で描かれていたような溜めっていうのもやはり重要で、人によっては、こっちの方が好きな人もいそうだと思いました。

桜Trick 5巻

★★★☆☆

私が見ているブログに、桜Trickを凄く推している方がいまして、そういった経緯で、アニメを見て、コミックを買いました。

アニメはそこそこ面白かったです。

私は、ネタバレとかを全く気にしませんので、感想とかを読んだ後に作品を見に行くということが多くあります。

この漫画は、百合(最近までこの言葉の意味を知らなかった)要素が多分に含まれた、というか、百合要素だけで出来ているマンガだと言っても過言ではない内容になっています。

私は、ホモとか百合とか、そういった要素は、それほど気にならないというか、桜Trickは、割と普通にアニメとか見れてしまいました。

何故なのかというと、その理由は、たくさんあると思うのですが、普通に見れるように作られている作品はそれほど抵抗ないのかなって思います。

普通に見れるというのは、例えば、恋愛要素での心理描写がしっかり描かれているとか、日常のギャグが普通におもしろいとか、そういったことです。

なので、女の子同士のキスとか絡みとか、そういったものは、私にとっておまけでしかなく、それ自体は割とどうでもいいのだけど、心理描写やギャグを楽しんでいるということで、そちらがしっかりしていれば、ホモだろうが百合だろうが関係なく見れてしまう感じがしますね。

また、私が好きになるキャラって、実は、男性でも女性でもいけそうな普通属性を持ったキャラが多いです。

そういった事情からも、あまりこういったことに抵抗ないのかなと分析しています。

ちなみに、ここで言う普通属性というのは、男性にしても女性にしても違和感がない性格のことを言います。私が好きになるキャラは、このタイプが多いような気がします。というか、主人公って、このタイプが多い気がしています。

おんなのこーって感じでもないし、おとこのこーって感じでもない、そんな感じのタイプ。

まあ、細かいことは気にしないでいきましょう。桜Trick、話とか、面白かったです。

写真