phoenix-powerOctopressのデプロイの仕組み

Octopressのdeployも通ったことなので、ここで、少しだけ仕組みを紹介。

これは、Rakefileに書いてありますが、簡単には、soruceディレクトリをbuildしてできたpublicディレクトリから_deployを作り、このブログでいうと、syui.github.ioリポジトリのmasterブランチにdeployするということになっています。

言葉で説明すると、かなり複雑ですね。しかし、仕組み自体は単純です。

私の場合は、以下のような感じで済ませました。ソースファイルもGitHubのthemeブランチに置いてありますし、それを持ってきて、ブログを作ります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
$ git clone https://github.com/syui/syui.github.io

$ cd syui.github.io/

$ git checkout theme

$ mkdir _deploy

$ cp -rf .git _deploy

$ cd _deploy

$ git checkout master

$ rake gen_deploy

こんな感じでできます。他にももっとスマートな方法がりますが、こちらのほうが確実かと。これは、すでにリポジトリがある場合の手順です。

上記のコマンドでわかると思いますが、要は、_deploymasterブランチの.gitをおけば良いということです。したがって、初めての方は、以下のようなコマンドを使います。

1
2
3
4
5
6
7
$ mkdir _deploy

$ cd _deploy

$ git init

$ git pull origin master

場合によっては、強制的な手段で、publicgit pushすると良いでしょう。

ただし、user.github.ioのリポジトリでは、masterですが、それ以外は、gh-pagesになると思われます。