phoenix-powerLinuxのGUIアプリを補完する関数を作成するツールを作りました。

私が使っているデスクトップ(ウィンドウマネージャーのこと)は、Awesomeですが、Awesomeは、GUIアプリをデスクトップから起動するには、通常、自分でメニュー作るか、自動生成するプラグインを使うかしかありません。

私の場合、それほどメニューの必要性がないため、作っていませんが、時々、あのアプリって名前なんだったかなということがあります。

したがって、そんな時に、GUIアプリを起動するコマンドがあれば便利だなあと思ってこのツールを作りました。

主に、LinuxにインストールされているGUIアプリを推測し、補完関数を作成するツールになっていますが、使いたい人はどうぞ。ちなみに、Arch Linuxを使ってますが、どのLinuxでもほぼ使えるんじゃないかなあと思います。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
$ git clone https://github.com/syui/a.zsh

$ cd a.zsh

$ a.zsh -h

# 関数を出力する
# デフォルトでは"a"コマンドの補完関数として出力されます
$ a.zsh -m

# 関数を作成する
# デフォルトでは"/usr/share/zsh/site-functions/_a"に作成されます
$ a.zsh -o

# 設定とリロード
$ echo -e "alias a=`pwd`/a.zsh\nbindkey -s '^o' 'a '"
$ !! >> ~/.zshrc
$ source !$

# コマンドを指定して関数を作成する
# この場合、GUIアプリを起動するコマンドが"test"になります
# したがって、使用する場合は"alias test=/path/to/a.zsh"としてください
$ a.zsh -o test

想定している設定は以下のような感じになってます。

~/.zshrc
1
2
alias a=/path/to/a.zsh/a.zsh
bindkey -s '^o' 'a '