phoenix-powerAwesomeはGTK2.0を使ってるので、GTK2.0のキーバインドを設定すると、基本的には有効になります。

これは、その人が使ってるウィンドウマネージャーが何かによりますが、使用しているウィンドウマネージャーにGTK2.0, GTK3.0などが使われている場合、基本キーバインドをカスタマイズできることがあります。

ユーザーに設定するには~/.gtkrc-2.0を編集します。

~/.gtkrc-2.0
1
2
3
4
5
include "/usr/share/themes/Emacs/gtk-2.0-key/gtkrc"
binding "gtk-emacs-text-entry"
{
   bind "<alt>BackSpace" { "delete-from-cursor" (word-ends, -1) }
}

Emacsのキーバインド設定は、/usr/share/themes/Emacsに置いてあるので、そちらを読みこめばよいです。あと、自分で書きたい場合は、include以下のような感じで書いていきます。

そういえば、ChromiumでC-wのキーバインドで単語削除、タブ閉じるを行うのもこの設定でできます。もちろん、ウィンドウマネージャーによって設定ファイルの書き方は異なってくるため、上記設定はあくまでGTK2.0のみ有効なわけですが。あと、GTK3.0も同じような感じですが、多少書き方は異なるかもです。