phoenix-power新しいコメントシステムを採用した

1
2
3
$ cd ~/octopress/source
$ bower install m2w/talaria
$ bower install async
_includes/head.html
1
2
3
4
<!-- talaria -->
<link href="{{ site.url }}/bower_components/talaria/dist/talaria.css" rel="stylesheet" type="text/css">
<script type="text/javascript" src="{{ site.url }}/bower_components/bluebird/js/browser/bluebird.js"></script>
<script type="text/javascript" src="{{ site.url }}/bower_components/talaria/dist/talaria.js"></script>

基本的に、コメントを表示したい場所に以下を入れれば表示されます。

1
2
3
4
<script type="text/javascript">
 talaria.init({REPOSITORY_NAME: 'syui.github.io',
               GITHUB_USERNAME: 'syui'});
</script>

前提として、articleの中にa class="permalink"が必要で、かつhrefはリポジトリのファイル名と同じものが必要になります。

_includes/article.html
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
{% if index %}
  <h1 class="entry-title"><a href="{{ post.url }}" class="permalink">{% if site.titlecase %}{{ post.title | titlecase }}{% else %}{{ post.title }}{% endif %}</a></h1>
{% else %}
<h1 class="entry-title"><a href="{{ page.url }}" class="permalink">
    {% if site.titlecase %}{{ page.title | titlecase }}{% else %}{{ page.title }}{% endif %}
    {% if page.subtitle %}
        <small>
            {% if site.titlecase %}{{ page.subtitle | titlecase }}{% else %}{{ page.subtitle }}{% endif %}
        </small>
    {% endif %}

</h1>
{% endif %}

リポジトリとの整合性については、通常、直接、talariaのスクリプトを編集することで対応します。しかし、octopressの場合は、masterブランチが_posts/foo.mdの形にならないので、その形式で追加pushするか、別のリポジトリに所定の形式でpushすることで対応できます。

個人的には、後者で対応しました。また、本ブログはプライベートリポジトリをwerckerでデプロイするため、ちょっと複雑です。

デプロイする際にコメント用のリポジトリを更新する必要があるからです。