欲しいものリスト

phoenix-powerUE4を使ってMMDの初音ミクを表示してみました。

UE4というゲームエンジンがあります。ゲームエンジンというのは開発キットのようなイメージのものです。Unityと並び有名です。

しかし、このようなゲームエンジンは、MMDモデルを直接読み込めるわけではありません。モデルを読み込むには、プラグインを使ったり、変換したりする必要があります。

プラグインを使ったMMDの読み込み

まず、プラグインを使った方法を紹介します。しかし、バイナリがWindowsのものしか配布されておらず、ソースも公開されていないため、Macでは使えませんでした。

なぜソースが公開されていないかというと、処理中にUE4本体のコードを含むらしいからとのこと。

https://github.com/bm9/IM4U

1
2
3
4
$ git clone https://github.com/bm9/IM4U
$ cd IM4U
$ git checkout 4.11.X
$ cp -rf Plugins ~/Documents/Unreal\ Projects/MyProject/

この場合、マテリアルに適切なテクスチャが設定されるため煩わしさは軽減されると思われます。使ってないので分かりませんが。

PMXからFBXに変換してMMDを読み込む

プラグインを使わない場合はこちらの方法になります。

MMD4Mecanimというものがあります。これを使って変換を行います。

モデルは、Appearance Mikuを使います。pmx2fbx.exeがあるところで変換したい.pmxを置いて実行します。実行は、cmd上で行います。Windowsです。

1
> pmx2fbx.exe Appearance_Miku.pmx

変換が終わると、Appearance_Miku.fbxができますが、これをUE4にインポートします。

普通にファイルをドラッグアンドドロップすればいけます。

その前に展開先のフォルダを作っておくと便利です。

マテリアルが上手く設定されない問題

インポートしてもそのままではマテリアルに色がついていません。

したがって、私の場合、手動で各マテリアル(1肌, 2髪など)にテクスチャを設定しました。この作業は非常に面倒でした。必要な情報は、変換した際にできた.xmlを見ます。

まず、モデルを解凍したディレクトリにあるテクスチャ(PNGファイルなど)をUE4にインポートします。

そして、各マテリアルをダブルクリックで開き、エディタが起動すると思いますが、そこで先ほどインポートしたテクスチャ(PNG画像ファイル)をドラッグアンドドロップし、ベースカラーへのリンクを貼ります。

これで、モデルがある程度はちゃんと表示されると思います。

ちなみに、マテリアルを変更した際、ビルドには多少時間がかかりますので、その間、マテリアルが反映されないことがあります。気長に待ちましょう。

UE4とUnity

正直、Macでは、UE4はかなり使いづらかった印象です。Unityと比べて。

理由はいくつかありますが、一番はビルドに時間がかかりすぎることです。

この点、Unityの時はあまり待たされることがなかった気がします。UE4よりは割りとサクサク動いていました。

また、UE4は無料になって間もない事から日本語ドキュメントやWeb情報がUnityよりも圧倒的に少ないです。

ただ、Unityよりも良い部分はあります。

一つにゲームとしての見た目はUE4のほうが良いように感じました。更に、標準モデル(サンプルモデル)の動きも軽快に感じました。

つまり、本格的にゲームを作るならUE4のほうが良いのかもしれないとそう感じる部分が多々ありました。

しかし、私のMacBook Air 11-inchでは荷が重すぎたのか、あまり快適に作業はできませんでした。

これは、OSがMacであることも関係していると思います。多分、Windowsならもう少し快適だったと思います。