欲しいものリスト

phoenix-powerUE4でMMDモデルを動かします。

前回と同様、モデルは初音ミクを使用します。

プロジェクトを作成する画面で階段とかがあるマップ選択すると、サンプルキャラクターとモーションがついてきます。今回はそれを利用してモデルに動きをつけます。

まず、サンプルキャラのスケルトン、Mannequin/Character/Mesh/UE4_Mannequin_Skeletonを編集します。

そこでリターゲットマネージャーを起動し、リグを選択にてHumanoidを指定します。すると、自動で各ボーンが割り当てられます。最後にポーズを保存します。

次に、Mikuのスケルトンを編集します。先ほどと同じようにリターゲットマネージャーを起動し、リグを選択にてHumanoidを指定します。そして、各ボーンを手動で割り当てます。これが非常に面倒です。

部位 ue4標準ボーン MMD標準ボーン
head
neck_01
肩(左) clavicle_l 左肩
肩(右) clavicle_r 右肩|
上腕(左) upperarm_l 左腕
上腕(右) upperarm_r 右腕
前腕(左) lowerarm_l 左ひじ
前腕(右) lowerarm_r 右ひじ
手首(左) hand_l 左手首
手首(右) hand_r 右手首
背中1 spline_01 下半身
背中2 spline_02 上半身1
背中3 spline_03 上半身2
pelvis
大腿(左) thigh_l 左足
大腿(右) thigh_r 右足
下腿(左) calf_l 左ひざ
下腿(右) calf_r 右ひざ
足首(左) foot_l 左足首
足首(右) foot_r 右足首
親指(左1) thumb_01_l 左親指0
親指(左2) thumb_02_l 左親指1
親指(左3) thumb_03_l 左親指2
親指(右1) thumb_01_r 右親指0
親指(右2) thumb_02_r 右親指1
親指(右3) thumb_03_r 右親指2
人差し指(左1) index_01_l 左人差1
人差し指(左2) index_02_l 左人差2
人差し指(左3) index_03_l 左人差3
人差し指(右1) index_01_r 右人差1
人差し指(右2) index_02_r 右人差2
人差し指(右3) index_03_r 右人差3
中指(左1) middle_01_l 左中指1
中指(左2) middle_02_l 左中指2
中指(左3) middle_03_l 左中指3
中指(右1) middle_01_r 右中指1
中指(右2) middle_02_r 右中指2
中指(右3) middle_03_r 右中指3
薬指(左1) ring_01_l 左薬指1
薬指(左2) ring_02_l 左薬指2
薬指(左3) ring_03_l 左薬指3
薬指(右1) ring_01_r 右薬指1
薬指(右2) ring_02_r 右薬指2
薬指(右3) ring_03_r 右薬指3
小指(左1) pinky_01_l 左小指1
小指(左2) pinky_02_l 左小指2
小指(左3) pinky_03_l 左小指3
小指(右1) pinky_01_r 右小指1
小指(右2) pinky_02_r 右小指2
小指(右3) pinky_03_r 右小指3

参考:

http://qiita.com/housakusleeping/items/fa1300a9f4aa1a3db58a

これでアニメーションを動かせるようになったと思います。もし試したいならMannequin/Animationsにて好きなアニメーションを選択し、右クリックにてAnimアセットをリターゲットするを選択します。ここでMikuモデルを選択すれば再生されると思います。

再生すると分かりますが、の曲がり具合がサンプルモデルとMMDモデルでは異なっているため調整が必要です。しかし、今回は省略します。調整したい方は、サンプルモデルの各ボーンをできるだけまっすぐにすると良いでしょう。

最後に、初音ミクモデルを自由にコントロールする方法です。

これは、ThirdPersonBP/Blueprints/ThirdPersonCharacterMeshを初音ミクのものにし、かつAnimationのClassをThirdPerson_AnimeBP...に指定することで設定できます。

あとは、プレイするとキーボードで初音ミクを操作できます。

ボーンの指定や調整などが非常に面倒でした。Unityの場合、この辺りはプラグインでほぼ全部やってくれたような記憶があります。